画像提供:マイナビニュース

写真拡大

女優の川口春奈がこのほど、フジテレビ系バラエティ特番『怒られ履歴書』(10月9日21:00〜22:48)の収録後に取材に応じ、衝撃のせっかちエピソードを明かした。

この番組は、有名人たちが人生で記憶に残る“怒られた経験”を年表にまとめた「怒られ履歴書」を公開し、その理由や教訓などをトークしていくもの。今回は、アンミカ、IKKO、出川哲朗、長嶋一茂が登場し、知られざる怒られエピソードを明かしていく。

MCを務めるのは、ウッチャンナンチャンの内村光良と、フジのバラエティで初挑戦の川口。2人は、内村が監督を務めた映画『ボクたちの交換日記』(13年公開)に川口が出演したとき以来の再会で、内村は「一緒に司会ができて、うれしかったですね」と感慨深げ。川口は「内村さんは怒るイメージがないです」と、当時から変わらぬ印象を語った。

収録では、川口と一茂に、意外な共通点が発覚。それは“せっかち”な性格で、コンビニのレジで会計が待てず、自分で商品をレジ袋に入れてしまうことを明かしたが、さらに「“ピッ”もやったことあります」と、店員用のバーコードの読み取り機を使ってしまったこともあるそうだ。

その後に用事がないにもかかわらず、「なるべく早く店を出たい」という理由だそうで、それを聞いた内村は「俺は何があっても絶対待つけどね!」と性格の違いを強調しながら、「まだ本性が100(%)出てないですからね。1回目じゃ分かりませんよ」と第2弾のタッグにも期待した。

そんな2人に怒られエピソードを聞くと、内村は「僕は口角が上がってるので、(中学生時代)先生に『ニヤついてる』っていう理由でぶたれたことがあります(笑)。先生の虫の居所が悪かったのかな」と回想。川口は「結構ドタキャンが多いんで、日々いろんな方にご迷惑をおかけして怒られてます。でも、(その性格は)直さないです(笑)」と開き直っていた。