阪神JFではなく、牡馬相手の朝日杯FSに向かうグランアレグリア

2019年3歳クラシック
Sportivaオリジナル番付(牝馬編:第1弾)

 牝馬戦線はここ数年、常に「豊作」と言われている。昨年もこの時期、ラッキーライラックとロックディスタウンといった2頭のオルフェーヴル産駒が、2歳の重賞戦線を盛り上げていた。

 そして今年も、それらを凌駕するほどの素質馬が相次いで登場している。そんな2歳牝馬のレベルの高さには、パソコン競馬ライターの市丸博司氏も舌を巻く。

「昨年と比べると、今回のランキングに選出した上位の面々は、かなり高いタイムフィルター指数(※TF指数。市丸氏が独自に編み出したデータ指数)を持っています。現時点では、間違いなく『レベルの高い世代』と言えるのではないでしょうか。

 私のランキング上位1位〜3位までの馬は、GI阪神ジュベナイルフィリーズ(12月9日/阪神・芝1600m)には未登録。出走予定の最上位は4位のダノンファンタジー(父ディープインパクト)ですが、同馬でさえ、昨年の阪神JFで勝利したラッキーライラックよりも高い指数を出しています。

 そうした状況にあって、1位〜3位までに選出した馬がこれからさらに活躍するようなら、どこまでレベルが上がってしまうのか。非常に興味深いところです」

 市丸氏が「レベルが高い」と言うとおり、今年の2歳牝馬の期待馬は、週末の阪神JFだけでなく、牡馬を相手にする次週のGI朝日杯フューチュリティS(12月16日/阪神・芝1600m)にも登録がある。実際、そこでの勝ち負けが期待されており、かなり楽しみな世代と言える。

 そこで今回、そうした2歳牝馬たちの、現時点における『Sportivaオリジナル番付(※)』を発表したい。
※『Sportivaオリジナル番付』とは、デイリー馬三郎の吉田順一記者、日刊スポーツの木南友輔記者、独特なデータを駆使するパソコン競馬ライターの市丸博司氏、フリーライターの土屋真光氏、Sportiva編集部競馬班の5者それぞれが、来春のクラシックを目指す2歳牝馬の、現時点における実力・能力を分析しランク付け。さらに、そのランキングの1位を5点、2位を4点、3位を3点、4位を2点、5位を1点として、総合ポイントを集計したもの。


 堂々のトップに立ったのは、2戦2勝のグランアレグリア(父ディープインパクト)。2戦目のGIIIサウジアラビアロイヤルC(10月6日/東京・芝1600m)では、牡馬相手に圧勝した。惜しくも満点は逃したが、24ポイントとぶっちぎりの1位である。

吉田順一氏(デイリー馬三郎)
「母はGI2勝を含め、アメリカで通算7勝を挙げた芦毛の名牝。父は言わずと知れた、日本を代表する種牡馬ディープインパクト。毛色で言えば、同じく鹿毛だった父の血を多く受け継いでいる印象はあります。

 ただ、馬体のサイズからすれば、軽さと切れ味が武器だった父のようなタイプではなく、長くいい脚を使えるタイプです。少し内股でトモを回す走法ですが、胴長+脚長らしく、軽さはありながらも、ストライドを稼げる点は大きな武器でしょう。

 新馬戦では、ダノンファンタジーをまったく寄せつけずに完勝。4カ月ぶりに臨んだ前走のサウジアラビアロイヤルCでは、牡馬を相手にさらに着差を広げるパフォーマンスを披露しました。

 2戦ともやや力みがあったのか、早めにポジションを上げていきましたが、末脚が乱れないのは、相当なスピード持続力を秘めていると判断していいでしょう。勝ち気な部分がマイナス方向に進まない限りは、この世代のトップクラスとして、今後も君臨するであろうと見立てています」


土屋真光氏(フリーライター)
「デビュー戦(6月3日/東京・芝1600m)の勝ちタイムが1分33秒6、上がり3ハロンが33秒5。それはもう、2歳の6月に行なわれる新馬戦で記録するようなタイムではありません。馬場が速かったとか、前後半のタイム差が2秒4あったとか、そんなことはもはや関係ないほどの次元だと思います。

 しかも、そこで2着に退けたダノンファンタジーのその後の成績を考えれば、現状では『この馬が抜けている』と見て間違いないでしょう」

 2位は、1位のグランアレグリアに新馬戦で後塵を拝したダノンファンタジー。だが、その初戦を除けば、未勝利(9月16日/阪神・芝1600m)、GIIIファンタジーS(11月3日/京都・芝1400m)と2戦連続で楽勝しており、「敵はグランアレグリアのみ」と考えれば、納得の順位と言える。

木南友輔氏(日刊スポーツ記者)
「新馬戦ではグランアレグリアにこそ離されましたが、走破タイムは1分33秒9、上がり3ハロンが33秒7と、この馬の内容も秀逸でした。それだけに、その後に見せた連勝にも驚きはありません。

 アルゼンチン血統にディープインパクトという、サトノダイヤモンド的な配合で、血統は最近のトレンドと言えます。今後の成長力にも期待が持てます」

 3位は、ラヴズオンリーユー(父ディープインパクト)。新馬、500万特別と2連勝し、血統的な魅力もあって上位にランクインした。

市丸博司氏(パソコン競馬ライター)
「新馬は牡馬相手に楽勝。2戦目の白菊賞(11月25日/京都・芝1600m)は平均的な流れのなか、今回のランキングで私が3位に選出したランブリングアレー(父ディープインパクト)を直線大外からねじ伏せる強い競馬を見せました。

 全兄には、海外GIのドバイターフを勝ったリアルスティールに、重賞2着が2回あるプロディガルサン(牡5歳)がいます。馬主は、最近話題のDMMドリームクラブ。今後が楽しみな1頭と言えるでしょう」

 4位は、3戦2勝のシェーングランツ(父ディープインパクト)。デビュー戦は5着に終わったものの、その後は未勝利戦を圧勝し、のちのGI馬を数多く出しているGIIIアルテミスS(10月27日/東京・芝1600m)も快勝した。こちらも、半姉がオークス馬ソウルスターリング(牝4歳)という超良血だ。

吉田氏
「母スタセリタは仏オークスなどGI通算6勝の名牝で、その2番仔が同じ藤沢和雄厩舎に所属し、阪神JF、オークスとGI2勝を挙げているソウルスターリング。ソウルスターリングと比べると、父がフランケルからディープインパクトに代わったことで、勝ち気すぎる面が緩和したことが大きいと思います。

 グランアレグリアやダノンファンタジーと同様、馬格があって胴長+脚長のシルエット。つなぎも長めで適度にクッション性があり、回転の速さからすれば、ストライドをしっかりと伸ばして走れる走法です。広いコースで長くいい脚が使えるタイプです。

 まだトモが甘く、スタートに課題がありますが、後方から鮮やかに差し切ったアルテミスSの内容は悪くありません。今後の伸びしろを考慮すれば、十分に魅力ある存在です」

 5位には、アウィルアウェイ(父ジャスタウェイ)と、クロノジェネシス(父バゴ)の2頭がランクインした。

本誌競馬班
「GII京王杯2歳S(11月3日/東京・芝1400m)では、牡馬相手に2着と惜敗したアウィルアウェイ。牝馬の中では、トップレベルの実力を秘めていると思います。

 オープン特別のダリア賞(8月4日/新潟・芝1400m)で難なく退けたローゼンクリーガー(父ノヴェリスト)がその後、500万特別の秋明菊賞を勝ったことで、同馬の能力の高さが改めて示されたのではないでしょうか」

木南氏
「クロノジェネシスは、オープン特別のアイビーS(10月20日/東京・芝1800m)を牡馬相手に快勝。内をうまく立ち回ったにしても、強かったと思います。

 今秋のGIII紫苑Sを勝ったノームコア(牝3歳)の半妹。父バゴは初年度産駒からクラシックホースを出したように、能力の高い種牡馬。ノーザンファームの生産馬で、バゴ産駒という点でも、魅力ある1頭です」 ここ最近、歴史に名を刻むような名牝が次々に登場している日本競馬界。今年の2歳馬の中からも、歴代の名牝に並ぶような新鋭が早くも台頭するのか。まずは、2週連続で開催される2歳GI戦に注目である。