日本の受動喫煙対策にWHOが苦言「時代遅れだ」

ざっくり言うと

  • WHOの幹部が7日に来日し、日本の受動喫煙対策について苦言を呈した
  • 「たばこ対策、特に受動喫煙対策は時代遅れです」と生活習慣病予防部長
  • 公共施設については、国レベルで屋内を完全に禁煙するよう要請した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x