7月7日は七夕。七夕は五節句の1つで、短冊に願い事を書いて笹竹に吊るす行事で知られています。織姫と彦星が年に一度のこの日だけ、会うことができるという伝説もあります。ロマンチックな日の前日、Twitterユーザーのらっと(@ratracer1985)さんは、まだうまく字が書けない3歳の息子の代わりに、短冊に願いごとを書くことになりました。将来の夢、それとも欲しいおもちゃ。お父さんの思いをよそに、お子さんが望んだものはー。【