四川方徳陽広漢市で4日午前7時半ごろ、男性1人が5階建てのビル屋上から落下して死亡した。男性は空中で爆発した。身元は分からず、警察が調べを進めている。チャイナネットが報じた。

 男性が落下したビルは同市西城路に面したビル。1階には商店が入居し、2−4回は簡易宿泊施設、5階は付近で臨時雇いなどで働く労働者に、部屋を賃貸している。

 近くの商店主によると、「店内にいたが、大きな音が聞こえた。変圧設備が爆発したと考え、今日もまた停電と思ったことを覚えている。店を飛び出てみると、路上にが横たわっていた。空中には青い煙がただよっていた。男性の下半身はずたずただった。爆発のためだろう」という。

 男性の落下地点の近くには、懐中電灯の破片や直径20センチほどのアルミ缶、アルミの破片などが残されていた。男性は金属製の容器に爆薬を入れて手製の爆弾を作り、腰部分につけていたとみられる。

 男性は現金100元あまりを所持していたが、身元を証明するものは見つかっていない。飛び降りたビルにある宿泊施設に登録もしていなかった。5階に住んでいたひとりは、落下の前に、同ビル5階の階段で体をつかまれ、「一緒に死のう」などと大声で迫られた。「あの人に、間違いない」という。それまで、面識はなかったという。。

 市警察は男性の身元や死にいたった詳しい事情を調べている。(編集担当:如月隼人)

■最新記事
整形手術の結果に不満、40代男性が診療所ビルから飛び降り=北京
警官わいせつ行為・墜落死の少女の体から麻薬成分検出=中国
わいせつ強要・少女飛び降り死、警察官らが薬物使用の疑い=中国
怒ってホームから飛び降りた女性、線路の上で口げんか続行=北京
女性が全裸になり11階マンションから飛び降りる=中国