淺野さんが製作した“恋柱” 甘露寺蜜璃の日輪刀

写真拡大 (全2枚)

 劇場版が日本映画として22年ぶりに全米興行収入1位に輝くなど、世界中で人気を呼んでいる「鬼滅の刃」(以下「鬼滅」)。主人公・竈門炭治郎や我妻善逸、煉獄杏寿郎など個性豊かなキャラクターとともに作品を彩るのが、鬼殺隊隊員が持つ鬼を殺す刀「日輪刀」だ。とくに「柱」と呼ばれる鬼殺隊最強の剣士たちは、それぞれが独特な日輪刀を持っている。

【写真】見事に原作を再現した「伊黒刀」

 この日輪刀を現実の世界で作っている人物がいる。岐阜県羽島市にある工房「淺野鍛冶屋」の刀鍛冶・淺野(あさの)太郎さん(45)だ。自身のYouTubeチャンネル「ASANOKAJIYA studio」で日輪刀を製作する様子を公開している。

淺野さんが製作した“恋柱” 甘露寺蜜璃の日輪刀

 刀に向き合って15年以上。アメリカ、フランスなど世界各国で講演を行う刀匠が、日輪刀に挑むきっかけとなったのは、昨年11月に、雑誌「UOMO」から受けた“刀匠から見た鬼滅の刃の魅力”についての取材だった。

「取材を受ける前に、原作の単行本が全巻届いたんです。漫画を読んだら非常に面白くて、とくに刀の描写に惹かれました。これまで漫画に出てくる刀は大きいか、小さいか、薄いかなどの重さの要素と形の違い、この2つに集約されていました。ですが『鬼滅』はそこに刀身の色という要素を加えていた。この表現は革命的だと思いました」

 持ち主によって刀身の色が変わるという設定に惹かれたという淺野さん。いつしか自らの刀鍛冶としての技術を使い、日輪刀を再現したいと考え始めた。

「淺野鍛冶屋」の刀鍛冶・淺野太郎さん(45)

実際に「蛇柱」から注文を頂いたつもりで…

 さまざまな日輪刀がある中、淺野さんは“蛇柱”伊黒小芭内、“恋柱”甘露寺蜜璃の2人のキャラの日輪刀を製作することを決める。2人の刀に決めた理由も、刀鍛冶ならではの考えからだ。

「形状として一番難しいのは伊黒の日輪刀、技術的に一番難しいのが蜜璃の日輪刀だったので、この2本に決めました。他の刀鍛冶では再現できないものにあえて挑戦しました」

 第一弾として伊黒の日輪刀作りに取り組み始めたのは昨年秋だった。伊黒の刀の特徴は蛇のように波打つ刀身、そして両刃であることだ。どちらの特徴も普通に作れば折れやすい刀になってしまう。

 そこで淺野さんは伊黒の刀に耐えられる粘り気のある鉄を作るため、原作漫画にも登場する「玉鋼」を複数混ぜて、特別な「伊黒ブレンド」の鋼をつくった。さらにその特製の鋼を鍛え、伸ばし、叩いて、蛇のような形状の伊黒の刀に近づけていく。ついに完成した日輪刀は、原作から飛び出したようなほどの見事な出来栄えだった。

 淺野さんの日輪刀作りで驚かされるのが、形だけでなく刀としての実用性を追求している点だ。伊黒の日輪刀であれば、公式のキャラクターの設定「162センチ」の小柄な身長に合わせた刀の長さを調整する。YouTubeでは切れ味を試すために、大根や巻きわらを使って実際に試し切りをする様子も収められている。

「実用性は大事なポイントです。形を真似るだけならどんなものでもできますが、実用性のない刀を刀鍛冶としては作ることはできない、実用性をなくしてしまうとおもちゃになってしまうからです。ただ日輪刀を作るのではなく、実際に伊黒さん本人からご注文をいただいた場合を前提に作っています」

2本目は恋柱の刀、さて売ったらいくらになるのか

 2本目の日輪刀として作成した蜜璃の日輪刀だ。原作では「極めて薄く、柔い」と表現されており、薄くリボンのように変幻自在の刀だ。が、本来日本刀は「折れず、曲がらず、良く切れる」と言われている。この時点で矛盾が生じている。

 伊黒の刀よりもより現実離れした刀であったが、淺野さんは何度も試作を繰り返し、ついに蜜璃の日輪刀を完成させた。

 刀ながらしなやかに曲がり、試し切りでも切れ味は鋭い……。一方、原作のようなリボンのような長さまではなく、また玉鋼を使って作ることは今回できなかった。しかし、淺野さんはまだ諦めていない。

「動画に上げているのは蜜璃の日輪刀の試作1号です。日本刀と同じ玉鋼を使って、原作のようなあの薄さに対応できる鍛え方が今頭の中でだいぶ出来上がってきたので、いつかまた動画でご紹介する日が来ると思います」

 淺野さんが作ったこの日輪刀。もし売るとしたらいくらぐらいの値段がつくのだろうか。

「実は試算をしてみたら、伊黒の日輪刀は700万円になりました。日本刀の研ぎ師さんに出して、ちゃんと作ろうとするとそのくらいかかります。蜜璃刀は玉鋼で作られていないのでまだ未定です」

 せっかくならば、主人公・炭治郎や、ほかの柱の日輪刀も見てみたいと思うのがファン心理だろう。ただ淺野さんは次のように話す。

「この2つの刀で、みんなができないだろうと思っているものは作ってしまったんです。正直、残っている柱の日輪刀も作れます。けれど、ただコストがかかったり、ただ形が違ったりするだけ。日本国内では法律的に作れないものもあります。たんにコストがかかるだけですからね。だからどうしようかなというところです」

 刀鍛冶である淺野さんは、日輪刀の製作は“挑戦”であることが大事だったと語る。

「AIやITが発達し、人間の存在意義が問われる日が来ると思うんです。そのときにカギになってくるのが、個人の経験。つまり挑戦です。挑戦して成功した、または失敗したという結果自体が大事ではなく、失敗したという経験も価値を持つ時代がくる。だからYouTubeでは失敗した部分ものせていますし、動画を見て、こういう挑戦する人がいるんだと感じてくれたらうれしい」

 動画をアップするのにはもう一つ大きな理由がある。刀鍛冶のイメージを変えることだ。日輪刀を作る前には「ウルトラセブン」のアイスラッガーを日本刀の技術で再現した。最新のYouTubeではナイフ作りに挑戦している。

「刀鍛冶は山の奥で、白髪のおじいさんがやっているイメージがあります。ただ現実の刀鍛冶は違う。刀鍛冶をちゃんとお金があって自由で楽しく、そしてもてる存在にしたい(笑)。かっこいい、憧れる職業にするために僕ら自身がそうなるべきだと思っています。

 よい刀を作るのも大事ですけれど、より楽しく、より明るい鍛冶屋でありたいというふうに思っています」

 職人気質で個々で働く刀鍛冶だが、淺野さんはそこに風穴を開けようとしている。

「僕は淺野鍛冶屋を世界最強の鍛冶屋集団にしたいんです。僕は短所の多い人間ですが、その欠点をみんなで補い合って、逆に僕の経験をシェアしていく。日本だけでなく世界中の刀剣をつくっていきたいんです」

「鬼滅の刃」の中には刀鍛冶が集まる里が出てくるが、その現代版を淺野さんは作ろうとしているのかもしれない。

徳重龍徳(とくしげ・たつのり)
ライター。グラビア評論家。大学卒業後、東京スポーツ新聞社に入社。記者として年間100日以上グラビアアイドルを取材。2016年にウェブメディアに移籍し、著名人のインタビューを担当した。現在は退社し雑誌、ウェブで記事を執筆。個人ブログ「OUTCAST」も運営中。Twitter:@tatsunoritoku

デイリー新潮取材班編集

2021年5月16日 掲載