Image: MAKE ME A ZOMBIE

結構リアルでキモい完成度。

新しい生活様式で、私たちは初めてのハロウィーンを迎えます。パーティーなどには行けませんが、今年はSNSのアイコンで仮装するなど、ちょっと控え目な楽しみ方になりそうです。

そこで役立ちそうなのが、StyleGAN2という機械学習を利用した無料のゾンビ生成サイト「MAKE ME A ZOMBIE」。自分の写真をこのサイトにアップロードし、「Make Me A Zombie!」と書かれた青いボタンを押すと…?

Image: MAKE ME A ZOMBIE

キャー! ビヨンセさんもバイデン氏もこの通りDeath。

redditにある説明いわく、ゾンビのデータセットには、PinterestとGoogleから拾ってきたハロウィーン用のマスクと、メイクアップでゾンビに扮した人たち約300枚の画像を使っているのだそうです。そのおかげで、ドラマ『ウォーキング・デッド』さながらにリアルなゾンビが生成されることになりました。

笑顔の可愛い赤ちゃんだって、目を剥いて凄まじい形相に早変わりです。

オススメの元画像は?

サイトの説明によりますと、高画質でライティングがバッチリ決まった写真であればあるほど、よいゾンビになれるそうです。腐ってグチョグチョのゾンビだからといって、低解像度の写真じゃダメなんですね。そしてなるべく正面を向いており、顔がメインで、なるべく歯を見せていると血まみれになるのでオススメ、とのことです。

プライバシーは大丈夫?

生成に使った写真は、ジェネレーターのサーバーには保存されません。Googleアナリティクスを利用して来訪者数をカウントするだけだと明言されているので、気にせずいろんな写真を試してみましょう。ハッピー・ハロウィーン!

Source: reddit via MAKE ME A ZOMBIE via Futurism, Twitter via Synced