中国で発作を起こしていた男性の脳内にサナダムシ 鍋の肉が原因か

ざっくり言うと

  • 中国で、繰り返し発作を起こしていた男性の脳内からサナダムシが発見された
  • 肉に寄生していたとみられ、男性はその肉を生焼けの状態で食べたとされる
  • 男性はサナダムシの摘出と脳の減圧措置を受け、現在は回復しているという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x