睡眠薬を飲まされ拘束されたことも「パパ活依存症」だった17歳少女の後悔

ざっくり言うと

  • 「パパ活依存症」だったという17歳少女が、文春オンラインの取材に応じた
  • 14歳のとき、相手男性に睡眠薬を飲まされ、拘束された経験もあるという
  • 今振り返れば「なんであんなことしてたんだろう」と後悔していると話した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x