アンナ・チチェロワ(C)ロイター

写真拡大

 陸上の有力選手の資格回復が見送られた。

200m平・銅 渡辺一平に求められるビッグマウスの有言実行

 国際陸連(IAAF)は10日までに、国家ぐるみのドーピング違反で資格停止処分を受けたロシア人選手18人に対し、個人資格での世界選手権(27日開幕=ドーハ)への出場を認めなかったのである。

 18選手のうち、女子走り高跳びロンドン五輪金メダルのアンナ・チチェロワ(37=写真・ロイター)、同20キロ競歩のエレーナ・ラシュマノワ(27)ら、ロシアを代表する美女アスリートも含まれている。