福島県が自主避難者に家賃2倍相当の損害金を請求 住宅支援期限切れ

ざっくり言うと

  • 原発事故にともない、自主避難者への住宅支援を実施していた福島県
  • 支援期間が過ぎた後も退去しなかった63世帯に対し、9日に請求書を送付した
  • 契約に基づき、家賃の2倍に相当する損害金を支払うよう求めている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング