リオ五輪バドミントン女子シングルス 日本人対決に敗れ山口茜が号泣

ざっくり言うと

  • バドミントン女子シングルス準々決勝で、山口茜が奥原希望に1―2で敗れた
  • 好機を待って奪った第1ゲームに対して、第2ゲーム以降はミスを連発
  • 「これが今の実力」と、試合を落とした直後はしばらく涙が止まらなかった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング