Apple MusicやiPhoneの楽曲を、簡単にライブのようないい音で聞く方法

写真拡大 (全4枚)

Apple Musicなど定額での音楽配信サービスがスタートし、スマホで音楽を聴く人も増えたのではないでしょうか。

ネット経由やダウロードした配信サービスの楽曲を聴きながら、
「ボーカルの声が小さい」「もっとメリハリのあるサウンドで聞きたい」「ライブように臨場感があったら」などと、早くも不満をもった人もいるのではないでしょうか。

そんな人に、おススメなのが「好きな曲をライブに-LIVE YOU無料版 音楽プレイヤー」アプリです。
iPhoneやiPod touchなど、iOS 8.0 以降を搭載している機種なら無料で利用することができます。

筆者も“音楽プレイヤーアプリ”は、操作が面倒だったり、効果がわかりにくかったりと、過去、あまりうまく使いこなせなかったこともり、別になくてもいいかな…と思っていました。

でも、今回、無料だから試しにと思い使って見たところ、これが、どストライクでした。
いつも聴く曲がまるで別の曲かのようにガラッと雰囲気が変わったのです。しかもカンタン操作で。
これは、かなりトクした気分で、ひじょ〜にウレシイ。

ボーカルの声をメインに押し出して酔いしれるもよし。メロディを大きく、ボーカルを小さくしてBGMのように聴くこともできるので、音楽配信サービスの視聴がもっと楽しくなります。

●搭載されているライブシチュエーションは7種類
アプリには完全無料で利用できるシチュエーションは7種類ですが、レビュー投稿でさらに新たなシチュエーションを追加できます。ちなみに、筆者もレビューを書いてみたところ、「西日の差す教会」が追加されました。
・満員ドームハウス
・爆音クラブハウス
・クラシックホール
・バーラウンジ
・野外フェス
・壊れかけのレディオ
・女子高生文化祭

以上7種類が、最初に使えるシチュエーションとなります。
このシチュエーションのほかに、メロディ、ボーカル、ベースの音量変更、拍手や歓声のオーディエンス、響き方の変わるリバーブなども用意されています。

これら、シチュエーションや音質などを変えることで、同じ曲でもライブ感バッチリな臨場感や、しっとりとした落ち着いた曲などに変えることができます。


ライブシチュエーション変更画面

アプリ内から楽曲を選べる
iPhoneやiPod touch、iPad内に保存してある曲であれば、アプリ内から好きな曲を選ぶことができます。
検索方法は、プレイリスト、アーティスト、曲から選べますが、その他→設定からアルバムやジャンルなど、使いやすい検索方法をドック内のアイコンと入れ替えることができます。

曲を選び、再生画面になったら、画面右上のアイコンをタップしてシチュエーションや音質を変えて聴くことができます。
常に設定した内容で聴きたい場合は、シチュエーション変更画面にある「Save」に名前をつけて保存しておけば便利ですよ。


楽曲選択画面

イコライザーやエフェクトなどの面倒なチューニングが必要なアプリではないので、誰でも簡単に使いこなすことができるのが便利ですね。

個人的には、透明感があり心に響くクラシックホール、どこか懐かしくもあり、新鮮にも感じることができる壊れかけのレディオがおススメです。
にゃんこ