木下優樹菜(C)日刊ゲンダイ

写真拡大 (全2枚)

 “タピオカ騒動”を機に芸能界を引退した木下優樹菜(33)だが、今も粛々とインスタでオシャレな日常を更新。公から消えるように芸能界を引退したのになぜSNSでは露出するのか。

TKO木下隆行の消えない悪評 素行不良で業界から総スカンも

「今の木下さんにとってインスタは“金のなる木”。芸能界を引退した際にアカウントを削除したものの、現在も50万のフォロワーを抱えている。インスタで宣伝する際の1投稿の単価は1フォロワーにつき、3円から5円。つまり、木下さんなら1投稿で150万円から250万円が見込めるわけです。案件によりけりですが、コロナ禍でモノが売れなくなっているので女性向け商材のオファーは多いし、単価は上がっている。しかも、新たなアカウントは事務所を挟まず“取っ払い”なので収入的にはかなりいいはず。インスタはプロアカウントにするとユーザー属性や投稿内容の人気分析もできるので、自分ひとりでフォロワーを増やすことも簡単。ブログと違い、いちいち文章を書かなくてもいいというのも木下さん向きでしょう」(IT関係者)

元亭主フジモンも活用

 離婚後、元夫のフジモンこと藤本敏史(50)が木下のインスタグラムに登場すると通常の1万〜2万いいねから、5.6万いいねに。その後も4人で食卓を囲んでいる“におわせフジモン”写真が話題になり、フォロワー数を増やしている。養育費は元夫・フジモンから入るにしても、1着数十万円もするハイブランド服をさらりと着て、夜の街でポーズを取る木下にとって自由になるおカネは必要不可欠だろう。芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

「木下さん的には今はいいとこどり状態。インスタでフォロワーが共感してくれるので、芸能人気分はそのまま。藤本さんは離婚後、好感度は上がるばかりで、元妻かつ一般人の木下さんのインスタに登場したところで事務所もそう文句は言わない。藤本さんは年末年始も出ずっぱりでよく働き、木下さんのフォロワーも集めてくれるし、子煩悩。復縁をにおわせる投稿は好感度アップと共に、藤本さんに思いを寄せる“女性よけ”になり、木下さんに好都合な状態が続くのでは」 一世を風靡したブログも今やオワコン。インスタもピークを過ぎたというが、木下はすでにTikTokにも着手。木下の“華麗なるデジタル戦略”は見事としか言いようがないが、なぜフジモンと離婚したのか……。