200M個人メドレーで優勝した萩野(代表撮影)

写真拡大

 競泳の日本短水路選手権(17〜18日、東京辰巳国際水泳場)の男子200メートル個人メドレー決勝が18日に行われ、リオ五輪同400メートル金メダリストの萩野公介(26=ブリヂストン)が1分52秒73をマークし、前日の同400メートルに続いて優勝した。

 レース後、萩野は長年のライバルについて口にした。本来、同種目で出場予定だった東京五輪代表の瀬戸大也(26)は周知の通り猊堽兪動瓩砲茲辰読垰臆叩G内活動停止という処分を下されたライバルについて質問が飛ぶと「彼はずっと戦ってきた仲間なので、年明けから一緒にレースできることを僕は楽しみにしています」と言葉を選びながら話した。

 さらに萩野は続けた。

「現時点、彼は去年もっともっと速いタイムで泳いでいましたから、僕はまだまだ彼の脚元にも及ばないと思うので、一日一日を大切に、また会った時に恥ずかしくないレースをして、しっかり戦える準備をしていきたい」

 東京五輪イヤーの来年、再び戦う日を信じて萩野の挑戦は続く。