平野啓一郎氏

写真拡大

 公開中の映画「マチネの終わりに」の原作者で作家の平野啓一郎氏が22日、ツイッターに投稿。安倍晋三首相に「辞めるべき」と退陣を促した。

 平野氏は「結局、嘘つきを総理にしてたら、政治が混乱し、停滞するということ。だから、彼は辞めるべきだし、野党のせいじゃないよ。違法行為が疑われてるのに、見逃せるわけないだろう」と指摘した。

 政府は22日の閣議で、公費による首相主催の「桜を見る会」で提供した飲食物に、安倍晋三首相の地元山口県の日本酒「獺祭」が含まれていたとする答弁書を決定した。