iPhoneのバッテリー劣化状態を確認してみよう!

Appleから日本時間3月30日2時頃より提供が開始されたiPhoneやiPadなど向けプラットフォーム「iOS」の最新バージョン「iOS 11.3」。AR機能やアニ文字の強化、ビジネスチャットやヘルスケアアプリの健康記録機能の追加など、さまざまな改善や機能追加、不具合修正が行われています。

そんな中でもやはり最も注目したいのは昨年末から話題となっていた使っているうちにバッテリーが劣化したときにピーク性能を落とす機能が「iPhone 6」シリーズ以降の「iPhone」で導入されている問題に対し、iOS 11.3ではこの機能をオフにできるようになったことでしょう。

また合わせてiPhone 6シリーズ以降ではバッテリーの劣化状況も最大容量のパーセントとして確認できるようになっています。今回はそんな新たに追加された「バッテリーの状態(ベータ)」機能について紹介したいと思います。


バッテリーの状態(ベータ)は「設定」→「バッテリー」から

まず、バッテリーの状態(ベータ)が利用できるのは、バッテリー劣化時にピーク性能を落とす機能が導入されているiPhone 6シリーズ以降のiPhoneのみとなります。

現時点では最新の「iPhone 8」や「iPhone 8 Plus」、「iPhone X」についてはピーク性能を落とす機能は導入されていませんが、利用できるようになっているため、恐らく今後、どこかのタイミングで対象になるのではないかと見られます。

そのため、機種としてはiPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone SE、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone Xの10機種。それ以前のiPhone 5sやiPadシリーズ、iPod touchシリーズでは利用できません。


バッテリーの状態(ベータ)を確認したところ。最大容量は左がiPhone 8で99%、右がiPhone 6で80%

バッテリーの状態(ベータ)は「設定」→「バッテリー」→「バッテリーの状態(ベータ)」から確認できます。表示されるのは「最大容量」がパーセントで、そしてその下に「ピークパフォーマンス性能」の状態が示されています。

バッテリーの劣化が少なく、正常な場合には上記のiPhone 8のように「お使いのバッテリーは、現在、標準のピークパフォーマンスに対応しています。」と表示されます。

一方、バッテリーが劣化していてピーク性能が落とされている場合には上記のiPhone 6のように「この iPhone で、必要なピーク電力をバッテリーが供給できなくなったため、突然のシャットダウンが発生しました。この現象が再度発生しないように、パフォーマンス管理が適用されました。無効にする…」と表示されて「無効にする…」の部分が青色になってボタンになっています。


ピーク性能が落とされている状態(画像=左)で「無効にする…」を押すと、オフになります(画像=右)

ここでもしピーク性能を落とさないようにしたい場合には「無効にする…」の部分をタップするとオフにできます。ただし、一度オフにした場合には再び手動でオンにはできないのでご注意ください。

ただし、オフにした場合でも次にまた突然シャットダウン(強制終了)が起きると、自動的に再びオンになり、再度「無効にする…」ボタンが現れるということです。

なお、オフにしている場合にはバッテリーの状態(ベータ)のピークパフォーマンス性能部分には「この iPhone で、必要なピーク電力をバッテリーが供給できなくなったため、突然のシャットダウンが発生しました。パフォーマンス管理による保護を手動で無効にしています。」と表示されます。

気になるのはApple公式Webページ「iPhone のバッテリーとパフォーマンス - Apple サポート」に掲載されているピーク性能が落とされている状態の画像では最大容量が95%とかなり高い状態にあること、そして手動でピーク性能を落とす機能をオフにしても再度突然シャットダウンすると自動でオンになることです。

このことから恐らく単純に最大容量のパーセントだけでなく、ある程度パーセントが低くなってきた場合に突然シャットダウンしたことがあるとピーク性能が落とされる機能がオンになるようになっているのではないのかなと思われます。

なので、最大容量が90%以上あるから大丈夫と思っていても突然シャットダウンが起きた際にはその後にピーク性能が落とされる機能がオンになっていないか確認してみたほうが良いかもしれません。

またAppleのiPhone のバッテリーとパフォーマンスのページではさらにバッテリーが劣化して「バッテリーとパフォーマンスの問題がより顕著に感じられるようになるかもしれません。バッテリーを交換すれば快適に使えるようになります。」と説明されている画像では最大容量が79%となっています。

あくまで目安ではありますが、少なくともiPhone 6シリーズ以降のバッテリー問題の対象機種であれば、年内はAppleCare+ for iPhoneに入っていなくても3,200円で電池パックの交換ができるため、ある程度減っていてさらに継続して使う予定なら年内に交換するのが良いかもしれませんね。


バッテリーの状態が不明な場合(画像=左)およびバッテリーがさらに劣化している場合(画像=右)


記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・iPhoneシリーズ 関連記事一覧 - S-MAX