25日の開幕戦を前に悪夢…宮市が左ひざ靱帯断裂で長期離脱へ

写真拡大

 25日に控えた開幕戦を前に悲報が飛び込んだ。ザンクトパウリは23日、FW宮市亮が左ひざ前十字靱帯を断裂したことを発表した。すでに手術が行われており、長期離脱は避けられない見通しだ。

 宮市は今年6月でアーセナルとの契約を終了。6月18日に新たな活躍の場をブンデス2部のザンクトパウリに求め、完全移籍を果たしたばかりだった。

 18日の親善試合で得点するなど、アピールを続けていただけに、悔やんでも悔やみきれない負傷だ。故障との戦いでもある宮市のキャリアに、またも試練が訪れた。


●欧州組完全ガイド

ブンデスリーガ2015-16特集