「チカラめし」全店閉店の誤情報拡散、運営社「今後も継続」と噂否定。

写真拡大

三光マーケティングフーズは5月18日、公式サイトに「『東京チカラめし』に関する誤った情報について」と題する文書を掲載。ネットで流布している「『東京チカラめし』全店閉店」の情報について否定した。

同社は文書の中で「インターネット上において、当社が運営する『東京チカラめし』店舗を含めた全店舗が閉店したという誤った情報が流れておりますが、現在、『東京チカラめし』は、当社直営12店舗、フランチャイズ3店舗が運営中であり、今後も運営を継続してまいりますので、そのような事実は一切ございません」とコメントした。

ネットでは数日前から、一部サイトが「全店舗閉鎖」と誤解した情報を発信し、急速に拡散。正確には株式会社チカラめしが運営していた「東京チカラめし」が業態転換により横浜家系ラーメン「壱角家」などに変わったもので、三光マーケティングフーズが運営する「東京チカラめし」は現在も営業を続けている。