フジテレビ女性記者の名前がインパクトありすぎて「内容が入ってこない」人が続出

写真拡大

 3月21日にフジテレビが運営する『FNNプライムオンライン』で配信されたニュースが、話題を集めている。

【写真】名前のインパクトがありすぎると話題の女性記者

「JR池袋駅近くにあるマンションで、男女が襲われて1人が死亡した事件を動画つきで報じたのですが、レポーターを務めていた女性が“中澤しーしー”という可愛らしい名前だったんです」(ネットニュース編集者)

 衝撃的な事件の内容とレポーターの名前のギャップに驚いたTwitterユーザーが、

《フジテレビのリポーターが「中澤しーしー」という名前のせいで、ニュースの内容が入ってこない人が続出の模様》

 と投稿すると、

《島根のフジ系の局に奥山れもんという女性アナがいました》
《金井憧れとかいたな》

 と、リプ欄には印象的な名前のアナウンサーを報告する人なども相次ぎ、投稿は788万回を超える表示回数となっている。

「中澤しーしーさんは‘20年にフジテレビに入社した、社会部司法クラブ担当する記者です。大学時代には早稲田大学と企業のコラボ企画でモデルも務めていたのですが、学生時代から同じ名前だったので本名みたいですね」(テレビ誌編集者)

 彼女がレポーターを担当するのは今回が初めてではなく、入社した翌年からフジテレビ内のニュースでたびたび登場していたようだ。

「入社した翌年の‘21年に3度目の緊急事態宣言が出た街の状況を伝えた際も、そのインパクトのある名前で一部では話題になっていました。今回は残虐な事件とのギャップも相まって、より多くの人の注目を集めたようです」(前出・ネットニュース編集者)

 FNNプライムオンラインのサイトでは、茨城で生活するウクライナ女性に密着取材 をした記事などを執筆するなど、社会部記者として活動中。次回話題になるのは、フジテレビ独占のスクープ報道かも?