ホワイトソースもレンチンで出来ちゃう!知ってると便利♪電子レンジ活用レシピ集

写真拡大 (全8枚)

食欲の秋が到来しましたね!今回も忙しい日々を助けてくれる、簡単にパパっと作れるレンチンおかずレシピや、「これは知っているとかなり便利!」というレンジ活用術をご紹介致します。

【詳細】他の記事はこちら

秋鮭ときのこのレンジバター蒸し

秋と言えば、きのこ!そして個人的に大好物な秋鮭の美味しい季節。
この2つを使って、かなり簡単なレンチンレシピをご紹介致します。

材料(2人分)

・秋鮭(サーモントラウトや塩鮭でOK) 2〜3切れ
・舞茸 1袋
・えのき 1袋
・ぶなしめじ 1/2袋
・白ネギ 1/3本
・バター 20g
・酒 大さじ1/2
・胡椒 少々
〇ポン酢 適量
〇柚子胡椒 適量

作り方

 ―鮭は塩(分量外)を少々ふって10分おき、出てきた水分をキッチンペーパーで拭きとって酒と胡椒をまぶす。

◆,のこ類は石突をとってほぐす。ネギは斜め切りにしておく。

 耐熱皿に鮭を並べてバターを半分乗せ、その上にきのこ類とネギを乗せ、残りのバターを乗せたらラップをふわっとかけて600W のレンジで6分加熱する。

ぁ,皿に盛り付けて、お好みで万能ねぎを散らし、糸唐辛子や一味をふり、〇を合わせたものをかけて出来上がり。

秋冬のおたのしみ!グラタンに必要なホワイトソースもレンチンで!

今からの季節はアツアツのグラタンが食べたくなる季節ですよね。
ホワイトソースがレンジで作れたら、少しだけ使いたい時などにもとても便利ですよ。

レンジでチンするホワイトソースの材料(3〜4人分)

・小麦粉 大さじ2
・バター 20g
・牛乳 300ml
・塩胡椒 少々
・顆粒コンソメ 1袋(4.5g)

レンジでチンするホワイトソースの作り方

 ‖冉ボウルに(持ってない方は耐熱の器で!)小麦粉とバターを入れて500Wのレンジで30秒加熱してバターを溶かし、泡立て器で混ぜる。

◆ゝ軻を少しずつ加えて混ぜ、ラップをせずに500Wのレンジで3分加熱して、取り出し、またよく混ぜる。

 再度ラップをせずに3分加熱して、表面がボコボコと沸騰しているような感じになったら取り出し、塩胡椒と顆粒コンソメを入れて混ぜる。

この作り方はとても丁寧に(←自分比)作ったものです。

もしダイエットドリンクなどを買った時についてくるシェイカーをお持ちの方は、下記のやり方のほうがラクチンです(笑)。

 .轡Дぅーに小麦粉と牛乳を入れてガーっと混ぜる

◆〕呂したバターに,鮑ぜて500Wのレンジで3分加熱し、取り出してよく混ぜる

 500Wのレンジで2〜3分加熱して塩胡椒、コンソメ顆粒を入れる

このホワイトソースを使えば炒める必要のない具材を使う時に、ホワイトソースをかけてチーズをかければ、アツアツの美味しいグラタンが出来ます。

また、多めに作って冷蔵庫に入れておいて、翌日の朝ごはんやランチに、パンにホワイトソースとハム(又はベーコン)を乗せて、とろけるチーズをかけてトースターで焼けば(ベーコンを使う時は火がちゃんと通る分数で!)簡単におしゃれカフェのようなクロックムッシュが出来て便利ですよ。

以前ご紹介した「フライパン1つで出来るグラタンレシピ」でもホワイトソース作りはラクチンなので、中に入れる具材によって使い分けをすると良いかなと思います。

これもレンチン!里芋の皮むきが劇的にラクになる方法

里芋って皮を剥くのが面倒ですよね。

一回茹でると皮がつるんと剥けますが、これを里芋に切り込みを入れてレンチンすると、ものの数分で皮が剥けて時短になるんですよ!

シンプルに食べる!お手軽な里芋レシピの材料

・里芋 4〜5個くらい
・お好みで もろみや味噌、塩など

シンプルに食べる!お手軽な里芋レシピの作り方

 [ぐ鬚鬚れいに洗って、包丁で切れ目を一周入れていく。

◆´,鬟薀奪廚琶颪漾600Wのレンジで5分加熱する。

 一回、取り出して爪楊枝を刺してすっとさせたら、粗熱を取る。

ぁ〜毒が取れたら皮を剥いて、器に盛りつけお好みで味噌やもろみ、塩をつけて食べる。

これは大人好みの味です!
ホクホクのシンプルな里芋は意外と塩や味噌(酢味噌など)に合うので、ちょっとしたおつまみにもピッタリ。

また、この方法で皮を剥いた里芋を使ってグラタンの具材にしてみたり、煮物やお味噌汁などに活用できます。

レンジを活用すれば、おかずも簡単に出来ますが、下準備までも簡単に出来てしまいます!
時短&ラク家事になるので、ぜひ色々と活用してみて下さいね。