紫煙が目に染みる

写真拡大

 あの離婚騒動から1年が経つ。元横綱の貴乃花光司は、夜な夜なネオン街に繰り出して酒とバラの日々。傍から見れば“独身貴族”を謳歌しているかに見えるが、日増しに酒とタバコの量が増えているとか。そのワケを探ると、兄弟子をはじめ彼をサポートしてきた人々が、次々に彼のもとを去っている現実があった。

 貴乃花のこの1年を振り返れば、弟子の貴ノ岩が絡んだ暴行事件に端を発したいざこざで、昨年9月には相撲協会からの退職を表明。翌10月には河野景子さんと離婚して公私ともに“一兵卒”となった。

 で、今年5月に一般社団法人「貴乃花道場」を設立。相撲道の普及に勤しむと宣言するが、絵本作家を目指してみたり、政界進出が囁かれたことも……。長男で靴職人の優一氏が所属していた芸能事務所に籍を置き、タレント活動もこなす多忙な日々を送る筈だった。

紫煙が目に染みる

 実際、一時期はバラエティー番組にゲストとして幾度か招かれ、ふるさと納税のCMに出ていたが、今やテレビでその姿を見ることはほとんどない。直近の活動といえば、台風被害に遭った福島県いわき市へ10月21日に足を運び、被災者を激励する様子が地元紙で報じられたくらいなのだ。

 被災地へ招いた貴乃花と親交のある歯科医師で、KENZOデンタルオフィスの西山謙三院長が言う。

「完全なボランティアで来ていただきましたが、新しい人生に向かって進もうという明るい印象を受けました。子供たちに相撲を広めたいと仰っていましたよ」

 だが、貴乃花が相撲道を伝授してきた拠点はもうない。9月末に、東京・江東区内にあった貴乃花部屋を引き払っているのだ。

夜のネオン街

 相撲担当記者によれば、

「借家だったので、退去するには原状回復しなければならない。それで土俵などを取り払う費用に数百万かかってしまったようです。貴乃花にとっては手痛い出費だったと思います。離婚後、貴乃花は都内に建てた“5億円豪邸”を元妻に明け渡しましたが、ローンの支払いがまだ億単位で残っているそうですから」

 そんな彼を心配してか、かつての兄弟子が救いの手を差し伸べていた。

 貴乃花の知人が言う。

「協会を退職後、貴闘力と連絡を取るようになって、彼が営む焼肉店で2人は会っていました。貴闘力から地方のイベントに行こうと持ち掛けられ、1回で100万円、月に3回やれば300万円の売り上げになると誘われていましたが、プライドの高い貴乃花は断った」

 結局、2人は疎遠になっていくが、決定打は2人の仲を取り持とうとした銀座のクラブママの一言だった。

「貴乃花が“(急に連絡を取らなくなったのは)お仕置きをしている最中だから”と漏らしたと聞いた貴闘力は、“もう俺はアイツを助けない”と激怒したのです」(同)

 貴闘力のマネージャーは、

「トラブルになっているようなことはなく、お話しすることはありません」

 と言うが、先の知人は、

「春先から2人は没交渉となってしまったのです」

 と証言。しかも貴乃花は夜のネオン街で頻繁に目撃されている。

 先の知人が話を継ぐには、

「女遊びを楽しむというより、真剣に人生のパートナーを探している様子です。クラブ嬢を閉店後も付き合わせて深酒の繰り返し。最近は明らかに飲酒量もタバコも増えている。そんな彼の姿に呆れてか、これまで支えてきた業界関係者、所属事務所のオーナーさえ愛想を尽かし、距離を取っています」

 貴乃花サイドにも取材を申し込んだが、期日までに回答はなかった。

 彼が目指す“相撲道”の行き着く先は、未だ見えない。

「週刊新潮」2019年11月7日号 掲載