「いざ、前進打法」を予告するも右飛…新庄剛志監督と熱い抱擁今季限りでの引退を表明している日本ハムの杉谷拳士内野手が5日、東京ドームで行われた侍ジャパンとの強化試合で7回1死から代打で“引退出場”を果たし、右飛に終わった。涙を浮かべて新庄剛志監督とハグを交わし、14年間のプロ野球人生に幕を下ろした。序盤からベンチではヘルメットとバットを持った“臨戦態勢”で出番を待ち続けた。試合中には、まだグラウンド