気象庁は13日、臨時記者会見を開き、超大型の台風10号は14〜15日にかけて九州や四国に接近・上陸する見込みとして災害発生に厳重な警戒を呼び掛けた。