井上尚弥の左フックでドネアがダウン 欧州実況席は「歴史に残る」

ざっくり言うと

  • WBSS決勝の11Rで、ノニト・ドネアは井上尚弥の左フックを受けてダウンした
  • 欧州の実況は「肝臓がボディーショットに反応」とし、パンチの強烈さを表現
  • また試合自体については「これはボクシングの歴史に残る」と述べていた
  • 主要
  • 国内
  • 海外
  • IT 経済
  • スポーツ
  • 芸能
  • ゴシップ
  • グルメ
  • 女子
  • トレンド