相模原殺傷事件の横浜地裁の公判で、殺人罪などに問われた植松聖被告(30)は24日、「自分には刑事責任能力がある。弁護側の無罪主張は間違っている」と述べた。