支持率凋落で体制に揺らぎ 大都市圏を敵に回したプーチン政権

ざっくり言うと

  • 2012年に第3期がスタートして以降も国民の信認が低下していたプーチン政権
  • クリミア併合などにより、大都市圏が一時的に歩み寄って支持率は回復した
  • だが増税などで大都市圏を敵に回し、2018年半ばから再び下落に転じている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング