勝たなければいけない試合で幾度もチャンスを創出するも日本は決定力を欠いた。  (C) REUTERS/AFLO

写真拡大

 現地時間6月24日に行なわれたコパ・アメリカのグループC第3節で、エクアドルと対戦した日本は、中島翔哉のゴールでリードを奪う好ゲームを演じたものの、追いつかれて1-1のドローに。その結果、悲願の決勝トーナメント進出を逃した。

 立ち上がりからアグレッシブに仕掛け、最後まで貪欲にエクアドル・ゴールに迫りながらも、あと1点が遠かった日本に対し、「勝つために必要なことをしていなかった」と厳しい論調を寄せたのは、スペイン紙『Marca』だ。同紙は勝てば無条件で勝ち上がれる状況にありながら引き分けた両軍のパフォーマンスを次のように断じた。

「彼らは引き分けてはいけなかった試合で引き分けた。勝つために必要なことは誰もしなかった結果、パラグアイにコパ・アメリカで夢を見続けるためのチャンスを与えてしまった。ナカジマのゴールはメナの同点弾に打ち消され、その後の決定力の欠如はブラジルとの対戦を目前にした早めの帰国を余儀なくしてしまった」

 同紙はさらに日本の攻撃陣を「パンチ力に欠けた」と酷評している。

「日本には深みがあり、相手のライン間(DFとMFの間)での質の高さも見せていたが、パンチ力の無さが明らかにあった。オカザキは彼が何者であるかを示すことはなく、若いウエダもチリ戦と同様にまだそのクオリティーを持っていないことを見せてしまった。エクアドルは身体能力にモノをいわせて支配したが、ゴールに結びつけるための質を欠いた」

 レポートの最後を「決めきる力と質のなさが両チームにとってあまりに大きな負担となった。そして、幾多のミスの恩恵をパラグアイが予想外の形で得ることになった」と締めくくった『Marca』の指摘通り、日本は「決定力」という大きな課題を突き付けられ、南米の一大トーナメントから姿を消すことになった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部