福島第一原発2号機、原子炉の下に大きな穴 内部の線量は530シーベルト

ざっくり言うと

  • 福島第一原発2号機の、原子炉の床に大きな穴が開いていることが分かった
  • メルトダウンした核燃料の熱で溶けて、垂れ下がった可能性があるという
  • 内部の放射線量は、最大で1時間あたり530シーベルトと極めて高い

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング