ピスタチオの“白目”に警鐘、2人で月1万回以上の酷使を眼科医が心配。

写真拡大

“白目ネタ”でブレイク中のお笑いコンビ・ピスタチオが、7月14日に放送されたバラエティ番組「中居正広のミになる図書館」(テレビ朝日系)に出演。眼科医から目の健康状態について心配される一幕があった。

ピスタチオは白目をむきながら漫才をするスタイルが受け、小学生の間でも大流行しているが、今回番組では1回のネタでどれほど白目をむいているのか検証。すると、2分30秒のステージで伊地知大樹は26回、小澤慎一朗は30回との結果が出た。

現在、ブレイク期を迎えていることもあり、先月は1か月で60〜70ステージ、テレビなどを含めると100回以上はネタを披露するなど大忙しの2人。また、ネタの長さもまちまちで、長尺なら10分のときもあるため、諸々を含めてざっくりと計算すると、1か月、2人は1万回以上も白目をむいている計算となるようだ。

そんな白目むきまくりの2人に、眼科医が「このまま白目をむき続けていると、白目の表面が伸びてだぶつき、手術で切除しなければならない恐れがある」と警鐘を鳴らした。

具体的には目の表面の黒目の外側にある白い部分、そこを覆う結膜(白目を覆う粘膜)が、白目をむくことで一定方向ばかり向いていると伸びて戻らなくなってしまう可能性があるという。「結膜弛緩症」と呼ばれるもので、目がゴロゴロしたり、強いドライアイの原因になるそうだ。

「気をつけてください」とアドバイスを贈る眼科医に、ピスタチオは「(白目ネタは)お子さまとかがやってくれて広がってきてるんで、こういうこと言われると営業妨害!」と困惑。しかし、やはり心配のようで、「白目むかないと全く面白くないんで、どうやったら売れるか教えてもらっていいですか?」と質問すると、眼科医は「手術で治るので、もしこうなった場合はいらっしゃっていただければ」と回答していた。