ダークホースでもなかった「絶対王者から大金星」「番狂わせ」…そんな言葉がネットや新聞紙上で踊っていた。8月18日に行われた夏の甲子園・準々決勝で、3度目の春夏連覇を狙う大阪桐蔭が、格下と見られていた下関国際に5−4で敗れるという大波乱が起きた。【西尾典文/野球ライター】【写真】甲子園を沸かせた怪物たち「KKコンビ」の秘蔵ショットに、「松井秀喜」の5打席連続敬遠も全49地区の代表校が決まると、スポーツ紙は