◆駅のホームで「一歩踏み出せば会社に行かずにすむ」ブラックな労働環境で退職や転職の選択もできず、うつ病を深刻化させて最悪、自殺に至る人は一定数いる。自身の経験をもとに、過労自殺へと至る心理状態を描いた漫画が、汐街コナ氏の『「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由』だ。同書には似た状況にある人から「これは私のことだ」という共感の声が多く届き、12万部超のヒットとなった。汐街氏はどのような経験をし