「テック界の「セクハラ問題」解決には、「長い道のり」が待っている──米VCの調査から浮き彫りに」の写真・リンク付きの記事はこちら米国のスタートアップ界では、認知的不協和が起きているようだ。2017年2月、Uberのエンジニアだったスーザン・ファウラーが同社の差別やハラスメントについて言及したこと[日本語版記事]をきっかけに、米国全体がシリコンヴァレーにおけるセクシャルハラスメントや暴行、報復に関心を寄せるよ