大麻所持容疑などによる摘発は30歳未満が7割近く 「規制強化」が拍車か

ざっくり言うと

  • 兵庫県警が、大麻所持の疑いなどによる2019年の摘発について公表した
  • 30歳未満は全体の67.5%を占めるなど、若年層の大麻汚染が目立つ結果に
  • 県警幹部は「危険ドラッグの規制強化」が拍車をかけたと指摘した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x