東国原英夫

写真拡大

 タレントの東国原英夫が11日、カンテレ「胸いっぱいサミット!」に出演し、NHKから国民を守る党の丸山穂高衆院議員に対し「すんごいんですよ、こいつの(収入)。収支報告全部出せって話ですよ。それで国会の本会議には全然出てないらしいですから」と不満をぶつけた。

 丸山議員は6月30日に、国会議員のボーナスが満額で出たとして、「支給明細書」の写真とともにツイッター投稿。「議員ボーナス、アジャース!」と切り出し、「2割削減は毎月の歳費だけでボーナスは満額318万、手取り214万、維新も150万。歳費=月々給与はまだしもボーナスは“賞与”だよね?」とつぶやいていた。さらに「このコロナ禍、しかも給付金10万もまだ届いてない方が多い中、国会や地方議員に賞与支給とはねぇ。ヒャッハー!世の為になることに使いまーす」と記している。

 これに東国原が「N国でしょ?N国って政党交付金を満額くれるの。すんごいんですよ、こいつの(収入)。収支報告全部出せって話ですよ」と怒り心頭。さらにそれだけの国会議員としての収入をもらいながら「それで国会の本会議には、全然出てないらしいですから」と爆弾発言した。

 これにMCのハイヒール・リンゴは「えっ出てないんですか?」と絶句。東国原は「友人知人に聞きました。全然出てないらしいです。プロしかしらないです。こんなことやって自分は社会貢献してるみたいな感じだけど、事実はそうですね。年間数千万もらってますから」と肩をすくめた。

 これには千原せいじも「だから納得いきました。2000万も3000万も使って政治家になるって。しがみつくのは、結局お金のためなんやね」とあきれ果てていた。