横浜市立大学の担当医が診断結果を見落とす 動脈瘤が破裂し患者が死亡

ざっくり言うと

  • 横浜市立大学は、患者の診断結果を担当医が見落としていたことを発表した
  • 2017年、動脈瘤が大きくなっているとの診断結果を担当医は見落としたという
  • 患者は治療を受けることなく、19年9月に動脈瘤が破裂し死亡したそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x