新型カローラ(トヨタ自動車公式サイトより)

写真拡大

 「老舗企業は創業理念をしっかり守り、顧客との絆を大事にしながらも、時代とともに変革を重ねている」と話すのは、トヨタ自動車の吉田守孝副社長。

 セダン「カローラ」を全面改良して発売した。このロングセラーカーも老舗企業と同様に「変わらぬ役割や価値を大切にしつつ、進化する技術や装備をいち早く取り入れてきた」のだとか。

 変革期にある車業界だが、「愛車を求める気持ちは引き継がれる」と断言。「“ベターベター”の精神で挑戦を続けたい」と生まれたての新型カローラを前に決意を新たにする。