女王に返り咲いた瞬間、その目からは涙が溢れ出た。1月17日に行なわれた卓球女子の全日本選手権決勝で、東京五輪代表の石川佳純が同代表の伊藤美誠を4−3のフルゲームの末に破り、5年ぶり5度目の女子シングルス優勝を果たした。全日本選手権で5年ぶりに女子シングルスを制した石川最後に日本一になった2015年以降は、伊藤や平野美宇、早田ひなといった2000年生まれの"黄金世代"が頂点に君臨してきた。その中で石川は、