西武の「打てる捕手」森友哉捕手(25)が苦しんでいる。16日のロッテ戦(メットライフ)では9月に入って8試合目となるベンチスタート。試合前には二軍戦に出場し、3打数無安打だった。スタメン落ちの増加で限られてくる打撃感覚を補うための措置だったが、この流れでは、今オフにも「コンバート案」がチーム内で再燃しそうな雲行きとなっている。チームがイケイケ、ドンドンだった昨季までなら「守備のミスは打撃で取り