これまで値上がりし続けてきた中国の不動産市場。不動産バブルはいずれ弾けると言われながらも10年以上が経過し、いまだに弾けてはいない。そんななか、中国メディアの今日頭条は21日、「中国の不動産価格はすでに下落し始めているのか」と題する記事を掲載した。まず記事は、中国の不動産価格は今後下がると言える理由として、「空き家率の高さ」を挙げた。米国では不動産市場が最も悪かった時でも空き家率は3%ほどで、