橋下徹氏、政府の待機児童対策の甘さを指摘 「見立てが根本から誤ってる」プレジデントオンライン

橋下徹氏、政府の待機児童対策の甘さを指摘 「見立てが根本から誤ってる」

ざっくり言うと

  • 橋下徹氏が、政府の待機児童対策の甘さに苦言を呈した
  • 保育所定員を22万人分拡大するという「見立てが根本から誤っている」と指摘
  • 待機児童が200万人ほどいる現実を前提にした目標に変える必要があるという

ランキング