生後10日で左腕を切断せざるを得なかった息子のために、自ら義手を作ってしまった男性がいる。使用したのはXboxのスキャナーと3Dプリンター。「愛する息子になんとか普通の子と同じように両手を使わせてあげたい」という執念にも似た強い気持ちが周りの人々を動かし、男性はついに義手を作るための会社を立ち上げた。『bbc.com』など複数のメディアが伝えている。英ウェールズ北西部アングルシー島に住むベン・ライアンさん(40)