マツコ・デラックス(C)日刊ゲンダイ

写真拡大

 マツコ・デラックス(47)が「ホンマでっか!?TV」(フジテレビ系)を16日放送を最後に降板した。約10年にわたりレギュラーを務めたにもかかわらず、突然の番組卒業に波紋が広がっている。

山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

 きっかけはコロナともっぱら。MCを務める「月曜から夜ふかし」(日本テレビ系)ですら電話で番組出演をするほど、ステイホーム生活を徹底。常々「オカマは家族もなく、1人で余生を」と自虐的に語っていただけに、マツコが“テレビ終活”を始めたのではという説が流れている。5年前、テレビ番組1本で300万〜400万円、CMが4000万〜5000万円になったと女性週刊誌が報じており、売り上げとしては年間14億円、マツコ本人の年収は7億円は超えるのではといわれており、「5時に夢中!」(TOKYO MX)でふかわりょう(46)に「貯金通帳に50億円はあるでしょ?」と聞かれると「そんなもんじゃないわよ!」と冗談交じりに語っていた。芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

「マツコさんはいつも『散り際が大切なのよ』と語っていたので“テレビ終活”もありえる。もともとテレビに執着がなく、相当の貯えもあり、かといって散財するわけでもないので、あとは自分の好きなことをして過ごそうという方向性を持っていただけに、コロナで拍車がかかったのでは」

■ギャラより義理

 数あるレギュラーの中で今回なぜ「ホンマでっか――」を一番に卒業したかについて、男気ならぬ“オカマ気”で考えれば腑に落ちるとも。

「この世界の人は、おカネより義理を大切にしていて、交友関係の長い人を重要視します。番組として『ホンマでっか――』は比較的キャリアが短いし、明石家さんまさんの番組で、自分がいなくてもいい、という考えが大きい。最初にテレビに抜擢した『5時に夢中!』などは最後まで続けるのでは」(新宿2丁目関係者)

 一方でこんな声もある。

「マツコさんは制作サイド、つまり裏方との関係を重視します。今回、番組の総合演出が代わることになり、それに反対して結果的に降板になった」(フジテレビ関係者)

「ホンマでっか――」降板はマツコ流を貫いた結果ゆえの“テレビ終活”宣言なのかもしれない。