フィギュアスケーターでタレントの浅田舞が、6日に放送された日本テレビ系バラエティ番組『今夜くらべてみました』(毎週水曜21:00〜)に出演し、自身の恋愛について語った。

浅田舞

今回のテーマは「お一人様で強く生きる女たち」。浅田は「30代になり結婚はしばらくお預けと思い始めた浅田舞、31歳」と紹介され、「若い時はすごい恋していることを楽しんでいたんですけど、今、恋愛したいっていう年齢でもなくなっちゃってる気がする」と打ち明けた。

番組では、妹の浅田真央へのアンケートも実施し、「恋人がいる舞、お一人様の舞、どっちが好き?」と質問。真央は「1人の舞の方が好き。恋愛している舞はすべて相手に合わせて自分を失ってしまい、家族のことも忘れてしまうので、真央は寂しい思いをしています」と答え、舞は「生々しすぎてびっくりしちゃいました」と驚き、「相手に合わせることが一番だと思っちゃう」と話した。

以前は、相手に1日50通メールを送るほどだったという舞だが、「相手に求められてもしちゃいけないんだとは思います」と考えが変わったことを告白。束縛系の彼氏に逐一連絡するよう求められていたこともあったと言い、「人に合わせるのが愛情だと思っていたのでやるけど、30歳過ぎてからそれをするとすごい疲れちゃうので」と話し、恋愛体質の舞を真央が心配していたことも明かした。