気象庁台風12号について、早めの備えを進めるよう呼びかけている。同庁の予報官は「強い勢力で暴風域を伴ったまま本州に接近しその後、上陸するおそれがある。台風の東側の活発な雨雲や寒冷渦の影響で、台風が近づく前から雨が降るほか、台風本体の雨雲がかかるため、大雨になるおそれがある。また、強い勢力を保ったまま本州に近づくおそれがあり、沿岸だけでなく、ふだんあまり風の吹かない内陸でも暴風に警戒が必要だ」と話した。NHKニュースが報じた。

台風12号「広範囲に影響か 早めの備えを」気象庁(NHKニュース)