14日未明、宇都宮市の信号のある交差点で車が歩いて渡っていた40代の男性をはねてそのまま走り去り、警察がひき逃げ事件として捜査している。
当時は、地震による停電で信号が消えていた可能性もあるとのことで、警察が詳しい状況を調べている。

14日午前0時40分すぎ、宇都宮市宿郷5丁目の市道が交わる信号のある交差点で歩いて渡っていた45歳の男性が車にはねられ、骨盤を折る大けがをした。

警察は目撃者から話を聞くなどして詳しい当時の状況を調べている。

停電で信号消灯の交差点でひき逃げか 男性重傷 宇都宮(NHKニュース)