「悔しさは若干ある」井上康生氏が稀勢の里の引退を受け自責の念

ざっくり言うと

  • 大胸筋の大けがで選手生命を縮めた、柔道男子金メダリストの井上康生氏
  • 引退する稀勢の里も同じ状況だったことに、けがの「先輩」として言及した
  • 治療や手術へのアドバイスをしきれず「悔しさは若干あります」と話した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング