出稼ぎ目的の「偽装留学生」を黙認 外国人労働の歪んだ実態プレジデントオンライン

出稼ぎ目的の「偽装留学生」を黙認 外国人労働の歪んだ実態

ざっくり言うと

  • 都市圏のコンビニで働く外国人の多くは出稼ぎ目的の「偽装留学生」だという
  • 政府は単純労働での入国を認めていないが、抜け道は「外国人技能実習制度」
  • 人材育成などの趣旨のもと受け入れ、低賃金の労働力として黙認しているそう

ランキング