「韓国でなぜそうした!!」ロナウドを直撃した韓国人ユーチューバーが“無視”される

写真拡大 (全2枚)

クリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)の韓国ファンに対する“無視”は海外でも続いた。

去る8月12日(日本時間)、YouTubeでサッカー専門チャンネル「サッカー大将クァク・チヒョク」を運営するユーチューバー、クァク・チヒョクは、ロナウドに直接会って抗議するために、スタジアムを訪れた映像を公開した。

クァク氏はロナウドとマウリツィオ・サッリ監督に直接会うために、ユベントスのプレシーズン試合が繰り広げられたスウェーデンのストックホルムを訪れた。

その日はストックホルムのフレンズ・アレーナで、ユベントスとアトレティコ・マドリードのインターナショナル・チャンピオンズ・カップ(ICC)最終戦が行われる日だった。

ロナウドと対面するためにクァク氏は、ユベントスの選手とサッリ監督が滞在しているホテルを訪ねた。そこで会ったロナウドは、子供のファンに親切にサインするなど、韓国では見られなかったファンサービスを披露した。

彼の優しい態度に感激して泣くファンも現れた。

しかしクァク氏が「韓国でなぜそうした」というメッセージが書かれた紙を持ちながら、ロナウドに向かって「なぜ韓国で試合に出場しなかったのか」と尋ねると、ロナウドはそれを無視して、すぐにその場を離れた。

同時刻に自分を待っていたファンと写真を撮っていた姿とは、まったく違った態度だった。

【関連】ロナウドは韓国を意に介さず…韓国側から非難コメント殺到

続いてクァク氏は、サッリ監督を訪ねた。

サッリ監督は、韓国で“ロナウド欠場騒動”が起きた当時、「ロナウドが試合でプレーする姿が見たいのであれば、飛行機代を払ってあげる」という内容の発言をして、物議を醸したことがある。

クァク氏はバスから降りるサッリ監督に向かって、「チケット代をもらいにきた」と書かれた紙を見せたが、サッリ監督は「あなたに言った言葉ではない」と答えた。

(画像=「サッカー大将クァク・チヒョク」)

この動画は8月16日午前10時現在、再生数300万回を突破して大きな話題を集めている。

クァク氏は「サッリ監督がメールを送れと言ったが、どうやって送ればいいかわからない」とし、「ユベントスに連絡して必ずチケットをもらってくる」と続編を予告した。

ロナウドは7月26日、ソウル・ワールドカップ競技場で開かれたユベントスとチームKリーグとの親善試合で、最低45分以上出場する契約を結んだが、それを履行しなかった。それによって韓国で“ロナウド欠場騒動”が巻き起こった。