本命登場!さらに早くなったLaserAF搭載の「ZenFone 3 Laser」が高コスパで凄いワケ

写真拡大

ASUS JAPANが新しいSIMフリーのスマートフォン(スマホ)「ZenFone 3 Laser(型番:ZC551KL)」を日本で発売する。
発売日は11月26日、価格は27,800円(税別)だ。

昨年登場し、現在まで売り上げ上位を争う人気モデル「ZenFone 2 Laser(型番:ZE500KL)」と同じ"Laser"モデルの正当な後継機種となる。
「ZenFone 2 Laser」同様に、低価格モデルとしての登場なので、格安SIMフリースマホ、エイスース(ASUSTeK Computer)の2016年下期の本命になりそうだ。

ZenFone 3 Laserは、エイスースの最新スマホ「ZenFone 3」シリーズ。
最大の特徴は、第2世代のレーザーオートフォーカスに対応したモデルという点だ。

第2世代のレーザーオートフォーカスでは、約3倍の焦点距離1.2メートルまで対応した約0.03秒の高速ピント合わせが行える。
さらに、リアカメラはソニー製のモジュール「IMX214」を採用し、F2.0の明るいレンズと約1300万画素裏面照射積層型CMOSと性能が大きく向上している。

フロントカメラもF2.0レンズで84° ワイドアングルに対応した約800万画素CMOSとなっている。

また画面サイズも、「ZenFone 2 Laser」では5インチHD(720×1280ドット)だったが、「ZenFone 3 Laser」では5.5インチフルHD(1080×1920ドット)と大型化・高解像化した。
スペックもチップセットこそクアルコム「Snapdragon 430」(1.4GHz×8コア)とミドルレンジながら、4GB内蔵メモリー(RAM)や32GB内蔵ストレージと十分に向上している。

「ZenFone 3 Laser」の外装は、ZenFone 3シリーズで共通となっている。
2.5Dラウンドガラス「Gorilla Glass 3」を採用した洗練されたデザインで、背面はアルミ合金が使われている。

「ZenFone 3 Laser」では、背面に指紋センサーも搭載した。
日本向けはau VoLTEにも対応する。
上位モデルであるZenFone 3やZenFone 3 Deluxeと比べても、機能面ではデュアルSIM・デュアルスタンバイ(DSDS)に対応しない程度で、日常の利用で十分に実用なとなるパフォーマンスが発揮できそうだ。

日本で販売されているZenFone 3(型番:ZE520KL)が39,800円であるのに比べると、1万円以上安く、コストパフォーマンスも高い。
そのため、今年も"Laser"モデルが本命と言えるだろう。

●ZenFone 3 Laser ZC551KLの主な仕様
画面   :5.5インチフルHD IPS液晶
大きさ  :149×76×7.9ミリ
重さ   :150グラム
本体色  :シルバー、ゴールド
メモリー :4GB
ストレージ:32GB、microSDXCカード
バッテリー:3000mAh(取外不可)
通信   :Wi-Fi(IEEE802.11b/g/n)、Bluetooth 4.2
位置情報 :GPS、A-GPS、GLONASS、Beidou
センサー :指紋、加速度、ジャイロ、近接、磁気、照度、RGB、電子コンパス
端子   :イヤホン端子、microUSB端子


memn0ck